FC2ブログ

新酒

9月の初旬より仕込み始めた「純米にごり酒白川郷」が熟成期間を経て、いよいよ新酒の出荷が始まりました。
本来の清酒は、秋の新米が入荷してから10月20日過ぎくらいから仕込みが始まり、年明けの1月位から新酒が出荷されるのが通例でした。
しかし世の中の変化により、全国の酒蔵も様々な品種のお酒を醸すようになりました。
三輪酒造では、40年以上前からにごり酒を造ってきましたが、ここ20年位前から社員杜氏に、酒の仕込みを任せるようになってからは、9月から翌年の6月まで約10カ月間仕込みを続けています。
お陰様で最近では、いつも新鮮なにごり酒をお客様に提供できるようになりました。
清酒は本来貯蔵する間に、黄色く変化をしますが、それを蔵内で炭素ろ過をして、無色透明な日本酒が出回っています。
しかし、にごり酒はろ過をすることが出来ないので、数カ月たつとタンクの中で黄色く変化をしてきます。
以前は、春に仕込んだお酒を11月くらいまで持っていましたので、この時期になるとかなり色のついた状態になりました。
お客様はよくご存じで、新酒が出来るのを待ち望んでおられます。
近年はお陰様で、年間を通じて、白いにごり酒を提供出来るようになりました。
こらからも「純米にごり酒白川郷」をご愛飲頂きます様お願い致します。
スポンサーサイト



OKB会長 土屋嶢氏

OKB大垣共立銀行会長の土屋嶢氏が亡くなりました。
公私共にお世話になっておりましたので大変残念です。
土屋会長とは、会長が大垣に戻られて、大垣青年会議所に入会された時からのお付き合いでした。
30年余りの間にいろんなことがありました。
大垣共立銀行と三輪酒造の企業規模はまったく大きな違いですが、お陰様で個人的にいろんな話を出来る間柄であり、時には子供の話や孫の話もしました。
ご自身について多くは語られませんでしたが、大変感性豊かな方で、「銀行はサービス業であると」早くから主張され、銀行業界に新風を吹き込まれました。
大垣市においても、商工会議所の会頭や文化連盟の会長等、数多くの役職を務められました。
私個人としては、会議所活動でもいろいろご指導いただいた他、G.I.NETの特別顧問にご就任いただき時々適格なご意見を頂戴しました。
また霊山顕彰会の岐阜県支部長の立場で、小原鉄心顕彰会に協賛いただきました。
父上の影響もあって、大垣の企業人の中で、特に文化面に力を入れていただいていました。
まちづくりについても、強いバックアップをしていただき、特に奥の細道むすびの地記念館の建設については、多大なるご支援をいただいたことは忘れられることができません。
数え上げればきりがありませんが、まだまだいろいろご指導ご協力をいだだきたいことがたくさんあったのに無念でなりません。
8月20日頃に最後にお会いして、2時間くらいゆっくりお話しさせていただいた時に、我々はこれからどうしましょうという問いかけに「居ればいい」という禅門答のような答えでしたが、生きておってもらいたかったと思います。
これからも見守ってください。ご冥福をお祈りします。

関ヶ原古戦場記念館

10月21日より古田知事の思いがつまった、関ヶ原古戦場記念館がオープンしました。
コロナ禍の中、当初の予定では7月オープンでしたが、延び延びになっていました。
出来た施設は立派なもので、今まで関ヶ原に行っても笹尾山に上っても何となく、ただここで合戦があったのですよという感じでした。
しかし今回は、映像や展望台が出来て、いろいろ詳しく説明してもらえるようで大変楽しみです。
ただ残念なのは、今回の記念館の開館について大垣市がまったく反応していないことです。
一昨年から、県の担当者や市の経済部といろいろ話をしていましたが、お互いに話し合うこともなく、せっかくの施設がもったいないことになりそうです。
私達は今日まで、大垣地区の観光や物産を広くPRするために努力してきました。
特に20年前に開催した、決戦関ヶ原大垣博では、大垣城を中心とした関ヶ原合戦の模様をNHKの大河ドラマにあわせて、大きなイベントとして成功することができました。
それまで年間3千人ほどしかなかった、大垣城の入場者が今では、数万にの方々が訪れるようになっています。
そして、10年前には、むすびの地記念館が完成して、毎年多くの観光客に来て頂いています。
今回の古戦場記念館は、そういった流れを進めるためには、絶好の機会ととらえています。
今は、コロナのお陰で、なかなか多くの人を呼ぶことはできませんが、来年度以降コロナ問題が徐々に解決していくであろうことを望みながら、今後の大垣地域の観光について努力していくいい機会ではないでしょうか。
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR