FC2ブログ

いだてん

今年の大河ドラマ「いだてん」は、前回の東京オリンピックが決まるまでの時代をドラマ化しています。
実は、亡くなった私の父は学生時代水泳競技をやっており、ドラマにも登場する前畑秀子さんや古橋廣之進さん達と一緒に競技をしていたそうです。
我が家では祖父の時代から水泳競技に熱心で、先代の三輪広吉の尽力により、大垣商業高校に戦前にプールを作り、父はそこで水泳をやりました。
体力にも恵まれ、商業高校時代には東海一となり、早稲田大学に進学して更に活躍したようです。
ちょうどその頃、ドラマでもあったように戦争のために東京オリンピック(1940年)が中止となりました。
オリンピックに出場することができなかった父ですが、その自慢は、オリンピックの代わりに開催された日独伊三国対戦で3位になったことです。
戦後、1964年に開催された東京オリンピックの翌年、第20回国体には岐阜県水泳連盟会長として、県の天皇杯皇后杯の獲得に尽力しました。
私自身は水泳競技をすることはなかったのですが、第67回岐阜国体の時に、父と同じく水泳連盟の会長として水泳競技の開催に向けて協力させてもらいました。
岐阜県水泳連盟の会長として初めて全国会長会議に参加させていただいた時、当時の日本水泳連盟会長の古橋から「三輪さん(父)はお元気ですか」と声をかけられたときは感激しました。
お陰様で三代にわたり岐阜県の水泳競技にかかわれたことを大変嬉しく思っています。
スポンサーサイト



もんでこ上石津

毎週のように地域でいろんなイベントが行われています。
先週は、大垣市上石津町にある緑の村公園で、「もんでこ上石津」というお祭りが開催されました。
上石津町は、10年前の平成大合併において大垣市と飛地合併し、現在、大垣市上石津町として様々な活動がされています。
旧役場は地域事務所となり、その大きな事務所で20名ほどの職員が働いています。
町の人の一番の悩みは、合併前はすべて役場で済んでいたことが、必要に応じ、市の中心部にある本庁舎まで行かなければならなくなった事です。
確かに財政的な問題は解決したようですが、住民の生活にかかわる細かな事については、行政の十分なバックアップが得られているとは言えないようです。
しかしながら、行政の負担は益々大きくなっており、我々市民も、何でもかんでも役所に頼ることはやめなければなりません。
これからは、必要なことと必要でないことをよく見極めて、それぞれの地域にあった行事を進めていく必要があると思います。

白川郷どぶろく祭り

先週10月14日から19日まで白川村の3つの地域で祭列があり、どぶろくの振る舞いがありました。
43年前に白川村の依頼により祭りのお土産として製造し始めた「白川郷純米にごり酒」は、今年で満43年を迎え、今日では三輪酒造の主力商品として全国の皆さんにご愛飲頂くようになりました。
40年前には年間30万人程であった白川村の観光客も、今では200万人を超す方々が村を訪れています。
先週は残念ながら台風19号の影響によりちょっと寂しい状況でしたが、日頃は海外からのお客様が大変多くなりました。
ただ、昔と違い、日常的に観光客で賑わっており、どぶろく祭りだからといって特別に人が増えることはないようです。
私共としましては、これからも白川村八幡神社で開催されるどぶろく祭りの原点を忘れることなく、世の中の人々に愛される「白川郷純米にごり酒」を造り続けて行きたいと思います。 

リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR