FC2ブログ

麒麟がくる

明智光秀を主人公にしたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、1月19日に始まります。
昨年の「いだてん」の人気が今一つだったので、今年の「麒麟がくる」に対する期待は大きいようです。
特に岐阜では、久しぶりに岐阜城や斉藤道三が登場することもあり、大変力が入っています。
弊社の清酒「道三」は、45年前の国盗り物語の時に発売した商品ですが、今日まで売り続けてきて、久しぶりに世の中に出るチャンスをいただいたような気がします。
しかし、最近の大河ドラマは、昔程視聴率が上がらない傾向にあります。
岐阜市や可児市、恵那市では大河ドラマ館が作られてムードは高まっているようですが、果たして期待通り集客できるかはわかりません。
とはいえ、戦国時代をテーマにしたドラマは根強いファンが多く、私もその一人です。
信長、秀吉、家康を始め、戦国時代に活躍した多くの武将達の生き様は、今日の社会においても通じるものがあります。
企業活動の中で、多くの人が社長を目指して生きているのですが、現実はなかなか大変です。
今回の大河ドラマでは、最後に信長を暗殺してしまう光秀の人生がどのように表現されるのかとても楽しみにしています。
同時に、「麒麟がくる」が大人気になって、清酒「道三」も売れることを願っています。
スポンサーサイト



謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
どなた様も、清々しいお正月をお迎えのことと存じます。
今年の正月休みは、前後に土日が入り、非常に長いお休みとなりました。
私もお陰様で、いつもよりゆったりとした感じで、お正月を過ごせたように思います。
1月5日の日曜日、大垣市役所新庁舎完成開所式があり、出席させていただきました。
出来たての新庁舎は、広々として素晴らしく綺麗な建物です。
新庁舎オープンの6日には、朝から多くの市民が訪れていました。
私も各部局の方々にご挨拶に廻りましたが、市の職員も慣れないこともあり、なんとなくまだ落ち着きなく仕事をされていました。
1階の市民サービスのコーナーには、これまで何カ所かに分かれていたサービスカウンターが一同に集められています。
子育て支援から介護まで、それぞれの窓口が30ケ所くらいに並んで、市民の方々が番号順にサービスを受けている状況を見て、すばらしい市役所になったと感じました。
8階のレストランからは大垣市内が一望に見渡すことができ、お客様をご案内するにはもってこいの場所になったのではないかと思います。
来年の春には、庁舎隣を流れる水門川沿いに公園が整備され、むすびの地記念館から散歩コースとなる予定です。
20年前に思い描いた街の風景が、だんだん整っていきます。
とても楽しみなことです。

歳末

いよいよ今年も残り僅かとなりました。
今年一年を振り返ってみると、まずは平成天皇が退位され、令和の時代が始まった事ではないでしょうか。
また、台風が関東地方へ3つも上陸して大変な被害が発生しました。
お陰様で当地方は近年大きな災害もなく、平穏無事に暮らしています。
災害は、いつ何時起きるか分かりませんが、そろそろ気を付けなければならない気がします。
私は消防団の現役のころ、何度か台風の為に警報が出て出動した経験があります。
大垣消防団は、水防団も兼ねていますので、いざという時には出動します。
42年前の長良川が決壊した時には、一週間以上にわたって水防団員として勤務しました。
先日の水害でも大変な被害の状況がテレビで写されていましたが、本当にあの通り家財道具が家の前に一杯運び出されて本当に気の毒な状態でした。
来年1月6日に大垣市の新庁舎がオープンしますが、災害対策室も出来るようですので、しっかりと機能する様にして頂きたいと願っています。
皆様にとってくる年が、良い年になりますことをお祈りします。

忘年会

今年も残り僅かとなり、皆様お忙しいことと思います。
お陰様で、三輪酒造もG.I.NETも社員一同元気に頑張っています。
この時期、街は忘年会で盛り上がっているはずなのですが、先週何日か会があって夜の街を歩きましたが、昔のような賑わいもなく、お店も今一つお客様の入りが少ないようでした。
マスコミでも、若い20代30代の人達が忘年会に参加しないという先輩方の発言が多くみられます。
私達は何かあるとすぐに集まって呑む話になってしまいますが、若い人達はSNS等を使ってコミュニケーションを取っていることもあり、会って飲みニケーションする必要がないとも聞きます。
同じ呑むにしても、我々のように飲みすぎてどうしょうもなくなるような飲み方をする若者は、めっきり減りました。
昨年のG.I.NETの忘年会で、若い男性社員が今年はじめてお酒を飲みましたと言われて、正月からかと聞き直したら、そうですと答えが返ってびっくりしました。
一年中毎晩のように、飲んでいる私からすると、考えられないことですが、若い人達の楽しみ方が変わってきたのは、間違いないようです。
お酒を造らせて頂いている私としては、飲酒の機会をいかに増やしていくかという事は大変大切な問題ですが、お酒を楽しく飲んで頂いて今年一年をゆっくりと振り返ってもらえれば幸せに思います。

イルミネーション

先週29日(金)はソフトピア冬のファンタジー、30日(土)は城下町大垣イルミネーション、そして1日(日)はOKBストリートキャンドルナイトと三夜連続で大垣市内に於いて、イルミネーションの点灯式が行われ、それぞれ出席しました。
日本各地で、素晴らしい規模のイルミネーションのがある中で、手造りのささやかな催しですが、何か人々のぬくもりを感じます。
しかしながら、中心市街地の活性化を目的に開催されているイベントですが、わびしさが先に立ってしまうことも否めません。
最近私が住んでいる船町も含めて、江戸時代から栄えた大垣まつりの軕のある町内がどんどん家が取り壊されて、街並みが無くなっていくのが早くなっているような気がします。
中心市街地にある小学校が、児童数が減って、周辺地域の小学校が増える傾向にあります。
これは大垣市に限らず、全国的な傾向なのでしょうが、国は、地方創生の名のもとに様々な施策を打ってもらっていますが、何か違うような気がします。
お陰様で、大垣市の企業の方々は、一生懸命事業に力を入れて頂いていますので、街は大変豊かなように思います。
IT時代で新しい産業が力をつけてきましたが、昔からの街にもその流れが出来るようなことを考えて、中心市街地にITベンチャーが住めるような場所を造る事も一つの方法ではないでしょうか。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR