全国新酒鑑評会

先週20日、平成25酒造年度全国新酒鑑評会の結果が発表されました。
残念ながら、弊社の「道三 吟雪花 大吟醸」は、二年連続での入賞を逃しました。
全国の酒蔵の蔵元や杜氏たちが、心血そそいで酒造りに取り組んでいる中で、この鑑評会に対する意気込みは並大抵のものではないと思います。
しかしながら、私は、常日頃より、賞を獲ることが目的ではなく、普段の酒造りの中で努力した結果として金賞を獲ることができれば良いという考え方でいます。
今回の結果についても、勿論、残念ではありますが、仕方のないことだと受け止めました。
実は、この新酒鑑評会の審査における評価の基準は不変のものではなく、年々、徐々に変わっていきます。
また、それに合わせ、全国で醸されているお酒の味も、微妙に変化しているように感じます。
少し前までは、どちらかというと淡麗辛口のお酒が好まれていましたが、ここ数年は、酒の旨味を重視する傾向にあるようです。
私自身は、以前から、何故、味の薄いお酒が良い評価をされるのかが疑問でした。
元々酒飲みの私にとって、酒の旨味は、イコール米の旨味であり、ある程度味のあるお酒で、尚且つ、飲み飽きしない商品を好んで飲んでいます。
確かに、時代と共に流行りがありますが、ずっと長く飲み続けられている商品は、安定的な味を保っている蔵のお酒です。
一時的にヒットした商品が量産体制に入り、その結果、味が変わってしまうようではお客様の支持を得ることができません。
弊社の「白川郷純米にごり酒」は、かなりの数量を出荷しておりますが、最近は、杜氏たちの努力もあって、一年を通じ、ほとんど味の変化がないようになりました。
これからも、大吟醸に限らず、本醸造や純米酒、にごり酒を、より多くの方においしく飲んでいただける様、社員全員が頑張ってくれることを願います。
その結果として、来年の全国新酒鑑評会において金賞を獲ることができれば最高だと思っています。
スポンサーサイト

大垣の枡と地酒に関する考察

大垣は、昔から、木枡の生産量日本一を誇っていました。
しかしながら、度量衡としての需要がなくなると共に業者が少なくなり、生産量も減少の一途をたどっています。
そんな中、十数年ほど前から、大橋量器の大橋社長が、枡の魅力を上げるようと様々な取り組みをされ、今では、国内は元より、海外へも発信しておられます。
それとは別に、日本酒業界においても、各方面において、地酒振興への取り組みが活発になってきました。
特に、近年、国をあげて、国酒プロジェクトが実施され、国内外に向けてのイベント等が数多く開催されています。
全国の各都市では、地酒振興の一環として、「地酒で乾杯条例」を制定した市町も増えてきました。
大垣市においても、市会議員の先生方の発案で、一昨年、「地酒の飲める店」の地図が作成され、市内の飲食店に地酒を置いていただくようお願いすることができましたが、尻つぼみの状態で終わっています。
そこで、改めて、「地酒を枡で乾杯運動」を進めたいと考えています。
・大垣市商工観光課・大垣商工会議所
・大垣市観光協会・西濃酒造組合
・大垣飲食店組合・西濃小売酒販組合等
これらの団体に後援してもらいながら、事業を進める必要があり、そのためには、一過性のイベントではなく、何年か続く運動にすることが大切です。
「枡で一杯」を思いつき、関係者の方々に相談したところ、枡は何回も使えないという欠点を指摘されました。
また、陶器のぐい呑みと比べ、升は割高です。
そこで、一つの枡を持って数軒の飲食店を回る事は出来ないかと考えてみました。
もう一つのアイディアは、「枡々ガール」なるキャンペーンガールを募集して地酒振興に一役買ってもらうのはどうかと思います。
その人達に、SNSを上手く活用し、地酒のファンを増やしてもらうことが出来ないかと考えてみました。
「枡で乾杯」運動を進めることによって、地酒、しいては、清酒の普及につながることを期待します。
 

おわん物語

連休も終わり、通常の業務が始まりました。
6日までの二週間、市内水門川において、大垣市観光協会の主催による「春のたらい舟」の運行が実施されました。
慶長5年(西暦1600年)の関ヶ原合戦では、大垣城に西軍石田三成の本陣が置かれました。
戦況が東軍に傾いた折に、大垣城を守っていた武士の娘「おわん」をたらいで逃がしたという逸話があります。
その話を元に、今から10年前、大垣城の外堀であった水門川にたらいを浮かべて流したのが現在のたらい舟の始まりです。
最初は6艘で運行していましたが、今では18艘に増え、この連休中は、そのすべてが満席という大人気でした。
お陰様で、ここ数年、街の中でいろんなイベントが繰り広げられるようになり、各方面から注目を集めています。
観光協会の職員はもちろん、市の商工観光課の人達は休日返上で頑張ってくれています。
現在は行政主導の感が強く、一般市民は今一つ感心がないようですが、いろんな団体の人達の中に「何かをしたい」という空気が少しずつ出来てきたような気がします。
街の活性化には様々な方法があると思いますが、今進行中の大垣市の取り組みは、数年後にはきっと花が咲くと確信しています。
私もいろんな街の取り組みについて調べてきましたが、最近の大垣市のパワーはなかなかのものではないかと思います。
10年後、10年後には、全国から多くの人が訪れる街になってきていることを期待します。
その為に、私も、もうひと頑張りするつもりでいます。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR