日本酒フェア

先週の21日 土曜日、池袋サンシャインシティにおいて、酒造組合中央会主催の「全国日本酒フェア」が開催され、弊社からは、社長が岐阜県ブースのお手伝いに参加しました。
同時に、平成25年酒造年度「全国新酒鑑評会公開きき酒会」も開かれていましたが、残念ながら、弊社は、今年、入賞できなかったため、寂しいかぎりです。
最近、東京を始め、全国各地で、各県の酒造組合による地酒まつりが順次開催されており、どの会場も多くの入場者で賑わっています。
先日、新潟や広島で開催されたイベントには、10万人以上の人が押し寄せたそうです。
岐阜県も、遅ればせながら、数年前より、「岐阜県の地酒に酔う」というイベントを始めました。
今年は、東京(7月27日:如水会館)と、岐阜(9月7日:じゅうろくプラザ)の2個所で開催する予定です。
他にも、愛知と岐阜の若手が中心となり、7月19~21日の3日間、中部国際空港のセントレアイベントプラザで、「NGO SAKE FEST 2014」を開催します。
昨年12月の「NGO SAKE FEST 2013」に続く今回は、東海4県下の地酒蔵元30社が集まり、地酒のショットバーを演出するそうです。
このように、最近の流れを見ていると、日本酒の人気は非常に高くなっており、とても注目されているように思います。
しかしながら、イベント以外での、普段の飲み会における日本酒の消費状況はどうかというと、今一つ盛り上がりに欠けるようです。
私のまわりでも、日本酒は美味しいけれど、それが故に飲み過ぎてしまうため、焼酎の水割りやワインにするという人が増えています。
どんなお酒も飲み過ぎれば一緒だと思うのですが、特に日本酒は、ついつい飲み過ぎてしまうのかもしれません。
美味しい地酒を、是非とも適量味わっていただきたいものです。
これからの季節にピッタリな「白川郷泡にごり酒」や「冷凍にごり酒」を、美味しく楽しく召し上がっていただければ幸いです。
スポンサーサイト

総会

今月6月は、連日のように、いろいろな団体の総会が開かれています。
総会では、まず、前年度の事業報告と決算報告があり、第2号議案で今年度の事業計画と予算案が審議されます。
また、役員改選の時期であれば、その間に役員改選の議案がはいるのが通例です。
一般的には、どの総会も30分程度で終わるのですが、最近の上場企業の総会では株主の質問が多く、一時間以上かかる場合もあるようです。
私もいくつかの総会に出席していますが、主催者として会を主導する立場のものであったり、ただ会員として参加するだけのものであったりします。
来週に予定されているGINETの株主総会は、お陰様でまずまずの業績であったため、特に問題なく終わるのではないかと思っています。
企業にしろ、各種団体にしろ、会計年度の一年を締めくくってその事業内容を関係者に審査をしてもらうために総会を開きます。
この仕組みこそ、それぞれの団体を主催する者にとっては大切な事ではないかと考えます。
私達企業人は、自社の運営はもちろん、利益に対しても責任を持っていますが、これは公共の団体であっても同じことが言えます。
近年、一般社団法人とか公益団体法人という法人が増えており、これまでになく厳格に会計処理をされているケースを多く見かけるようになりました。
世の中のあらゆる団体に対しての世論の見方が厳しくなっている表れなのでしょうか。
株式会社に対しても、たとえ私企業であろうと同様の倫理感が必要となっています。
改めて襟を正すことが大切だと思います。

忌明法要

7日土曜日に、父の四十九日忌明法要を無事に済ませました。
この1ヶ月余りの間、様々なことがあり、法要翌日の日曜日はほっとした気持ちになりました。
私は、実母を12歳で亡くし、若い頃、寂しい思いをした記憶があります。
父が、私がこの年令(65歳)になるまで生きていてくれのは、大変幸せなことでした。
普段の生活の中で親の存在についてはあまり気にすることなく過ごしてきましたが、いくつになっても子の心配をする親心に接することがたびたびありました。
昔、大手企業の重役であった叔父に、80歳を過ぎた祖母が、「万(万治)さん元気でやっとるか。」と問いかけ、叔父が「やっとるよ。」と答えているのを聞いて、いくつになっても親子だなと感じたことを思い出します。
ここ数年、父とはとりたてて会話は少かったのですが、時々顔をみて話しかけると「にこっ」として頷いてくれました。
それだけで、それぞれの気持ちは充分に通じていたと思うと同時に、その父が居なくなった今、そのありがたさを痛感しています。
50年以上前に亡くなった母も、なんとなくいつもそばにいてくれるような感じでしたが、父もこれから私達を見守ってくれるであろうと信じています。
誰もが、親、祖先に感謝する気持ちを忘れることなく日々過ごしたいものです。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR