日本酒の日

10月1日の「日本酒の日」が近づき、めっきり秋らしくなって、日本酒が益々おいしい季節となりました。
先日、地元紙において、バロンテッシンが燗酒コンテストで金賞を受賞したという記事が掲載されたこともあって、私の回りで、バロンテッシンを中心に、意識して日本酒を飲んでくださる人が増えています。
大変ありがたいことです。
実りの秋と言われるとおり、この季節になると、様々なおいしい食べ物を味わうことが出来ます。
そして、10月は、昔からの豊作を祝うお祭りを始め、毎週のように開かれるイベントで大いに賑わいます。
この地域では、11日の日曜日、皇太子殿下をお迎えして、全国育樹祭が岐阜県揖斐川町で開催されます。
同じ日に、大垣十万石まつりや、ソフトピアジャパンで開かれるPOSTというミュージックフェスティバル、関ヶ原合戦まつりなど、そして、弊社にとって最も大切な白川郷どぶろく祭りは、14日に始まります。
なにしろ10月は日本酒の蔵元にとっては大切な月なのです。
皆さん、この機会に、もっともっと日本酒を飲んでください。

post

スポンサーサイト

台風

台風18号が東海地方に上陸し、大変心配をしたのですが、お陰様で当地方は何事もなく済みました。
しかし、その後、茨城をはじめ北関東地方が大変な事となり、被害に遭われた方々は、お気の毒な事だと思います。
私は、その日、ちょうど台風が上陸する時間に、新幹線で東京へ移動する予定でした。
どうしようかと迷いましたが、平常通り運行しているとのことだったので、予定を変更することなく上京しました。
昔から、東海地方は台風による水害に度々悩まされてきており、今回のような事は幾度となく経験しています。
私の記憶の中で、一番すごかったのは伊勢湾台風です。
まだ小学生の頃でしたので、はっきりとした記憶ではありませんが、子供心に大変怖かったことを憶えています。
その次に、昭和51年(1976年)に、長良川が決壊した9.12災害です。
この時は、現役の消防団員でしたので、堤防が切れるまでの一週間と、堤防が切れてからの一週間、消防団員として働きました。
被害に遭われた家の大変さは、今でも忘れられません。
多分、今回の水害の10倍以上の家々が被害に遭われたと思われます。
災害はいつくるか分かりませんが、いざという時の備えだけはしっかりとしておきたいものです。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR