白川郷純米にごり酒 販売40周年

お蔭様で、本日10月28日をもって「白川郷純米にごり酒」が、発売40周年を迎えました。
39年前の10月10日に、日本で初めてのどぶろくに近いにごり酒として、白川村からの依頼により製造が始まりました。
以来、いろいろな試練を乗り越えて、今日まで造り続けてこられたのも、卸・小売店の方々はもちろん、日々ご愛飲頂いているお客様方のご支援の賜ものと深く感謝申し上げる次第です。
昨年他界した父が、岐阜県消防協会長の役職にあった40年前の7月に、白川村で開催された岐阜県消防操法大会に訪れました。
その際、当時の和田助役(その後村長)より、どぶろく祭りに訪れる観光客に、お土産として持ち帰ってもらえるような物は造れないだろうかという相談があり、それがご縁となって今日に至っています。
始めは、白川村で製造することを視野に努力をしましたが、氏子の方々や同業者の理解を得ることができず、結局、ここ大垣で造ることになりました。
今でも、「白川郷純米にごり酒」がなぜ大垣で造られているのかというご質問を受けるのですが、酒造免許という非常に厳しい制限があるために、40年経過した今でも、白川村で造ることが実現できていません。
しかしながら、私共としては、今後も、白川村のどぶろく祭りに対する村人の方々のお気持ちを充分に尊重しながら、全国はもとより、海外のお客様に「白川郷純米にごり酒」をお届けするよう、社員一同、一生懸命頑張っていくつもりでいます。
何卒、これまで以上に、「白川郷純米にごり酒」をご愛顧賜わります様お願い申し上げます。
スポンサーサイト

歴史小説

私は、以前より、司馬遼太郎の小説が好きで、ほとんどの作品を読みました。
今年になって、本屋で何か長編小説はないかと探していたところ、池波正太郎の「真田太平記」が目に留まりました。
全12巻という大作だったため、最初は迷いましたが、とりあえず最初の2巻を購入し読み始め、その後、何とか全巻読み終えました。
次に、司馬遼太郎の「城塞」全3巻、続いて藤沢周平の「密謀」も読みました。
関ヶ原合戦から大坂夏の陣、冬の陣と進む時代の小説ですが、それぞれの作者の捉え方の違いがとても面白く、楽しく読むことができました。
来年の大河ドラマとなる「真田丸」の原作も、是非読みたいと思っています。
どの小説も、世の中心であった秀吉や家康の話ではありません。
その廻りにいた人々の心の動きを、いろいろな立場を想像しながら書かれているため、同じ時代を多方面から見ることができます。
世の中に、もしもこうであればということ無いのですが、天下分け目の関ヶ原合戦に至るまでの出来事や、その時々の各武将たちの心情は、今の時代にも充分当てはまることとして、大変参考になります。
また、私達の住んでいるこの大垣地域は合戦の舞台になったのですから、より身近に感じられます。
今年度、古田岐阜県知事のお骨折りで、関ヶ原合戦の跡地が整備されました。
皆さん、是非一度お立ち寄りください。

どぶろく祭り

今週は、白川村でどぶろく祭りが行われます。
祭りでは、白川村の八幡神社でのご神酒として造られたどぶろくが振舞われます。
観光客が、そのどぶろくに近いお酒を、お土産として持って帰れるようにということで始まったのが、弊社の純米にごり酒白川郷です。
当初は、白川村の中に酒蔵を建てて醸造する話でしたが、残念ながら大垣の本社で造り販売するという形になりました。
白川村での製造については、今でも諦めているわけではありませんが、いろいろ問題もあり実現には至っていません。
世界文化遺産となってから20周年を迎えた白川郷のどぶろく祭りにちなんで造られた「純米にごり酒白川郷」が、今年、発売40周年を迎えました。
白川村の方々はもちろん、全国の酒販卸店様を通じて「白川郷にごり酒」ご購入されたお客様に支えられ、今では、すばらしい商品に育ちました。
今日、三輪酒造があるのも、白川村のどぶろく祭りのお陰と言っても過言ではありません。
これまで様々な苦労がありましたが、初心忘れることなく、今後も白川村とのご縁を大切にして、白川郷純米にごり酒を造らさせていただきたいと思います。

ふるさと大垣科

今年の4月から、全国各地の小中学校で、土曜日の授業が行われるようになりました。
大垣市においては、「ふるさと大垣科」というカリキュラムが組まれ、市内の小中学生に、大垣教育委員会が独自に作成した教材を使って授業が行われています。
その中の中学生の教科では、1年生と3年生を対象に、伝統産業という位置付けで、三輪酒造が取り上げられています。
先週の土曜日、私の母校である大垣市立西中学校の1年生の生徒さんたちに、1時間の講義をさせてもらう機会がありました。
そのお話をいただいた際、13~14歳の子供たちに向けて、何を話したらよいのかを考え、担任の先生にも相談したところ、私自身のふるさと大垣に対する想いを伝えてもらえば良いということでした。
当日は、中学・高校時代の思い出と、その後、東京の大学に入学し、卒業して大垣へ戻るまでの話などをさせてもらいました。
私の場合、家業である酒造業という仕事があったのですが、生徒さんたちは、これからそれぞれの人生を進み、大垣を離れる人もあると思います。
しかし、是非、ふるさと大垣をいつまでも忘れずにいてもらいたいとお願いしました。
そして、嫌なことや失敗を経験した時、くじけることなく前を見て進んでほしいという想いを伝えました。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR