干支ラベル

三輪酒造では、毎年年末に「大吟醸 吟雪花 干支ラベル」という商品を販売しています。
このラベルの文字は、大垣市在住の女流書家、臼井千里先生による書です。
おかげさまで、昨年、干支ラベルの発売から12年が経過し、今年、2周り目の申年を迎えることができました。
臼井先生は、若い頃から同時通訳で活躍し、日本国際交流協会の理事を永年努めておられました。
国際交流の臼井としては大変有名ですが、書家として全く違う一面を持っておられます。
臼井先生と私との出会いは20年近く前、たまたまご一緒したお酒の席で、気楽な気持ちで一枚書いてもらえませんかとお願いしたのが始まりでした。
その後、松坂屋さんで販売していただいている干支ボトルの文字をお世話になっています。
毎年、漢字と平仮名の2種類のために、200枚以上の字を書いていただき、その中から、それぞれ1点ずつを選んでいます。
今回、十二支全部が揃ったことを記念して、岐阜県世界青年友の会・大垣市主催の「干支十二支展」が開催されることになりました。
今週2月26日~28日の3日間、大垣市船町の奥の細道むすびの地記念館において、岐阜県世界青年友の会・大垣市主催により開かれます。
この機会に、是非、書家・臼井千里先生の作品をご覧いただければ幸いです。
 
 
書とはどういう芸術なのか~干支十二支展~
 
[日時]
 平成28年2月26日(金)~28日(日) 午前10時~午後5時
(初日26日は午後1時から・最終日28日は午後4時30分まで)

 ※2月27日(土)午後2時~
  臼井千里ギャラリートーク ~干支について~
  二胡演奏(チャン・ビン二胡演奏団)

[会場]
 奥の細道むすびの地記念館 2階多目的室1
 〒503-0923 岐阜県大垣市船町2丁目26番地1

主催:岐阜県世界青年友の会 共催:大垣市
後援:大垣市教育委員会、岐阜県芸術文化会議

[お問合せ]
 岐阜県世界青年友の会
(大垣市市民活動推進課内 臼井 090-8078-2534)
スポンサーサイト

職業奉仕

私が所属するロータリークラブの理念の中に職業奉仕という考え方があります。
入会して25年になる今年度、久しぶりにある役職をいただき、改めてロータリークラブについて、また職業奉仕という理念について考える機会を与えられました。
人は、日々、それぞれに与えられた仕事をして暮らしています。
それは、自身を含めた家族の生活の糧として欠かせないものです。
私達経営者は、それぞれの事業を通じて、そこに従事する社員やその家族を養っていかねばなりません。
また、それと同時に、事業を存続するために利益を上げるという義務を負い、そのために、毎日大変な苦労をしています。
しかし、果たしてそれらの事業経営が、利益を上げることだけで終わっていいのでしょうか。
それを考えさせられるのがロータリークラブの活動であり、その根本的理念である職業奉仕という考え方であるように思います。
多くの人が、地域のために、様々な奉仕活動をしています。
私も、町内会や消防団、体育・文化活動等、いろいろな団体に所属して、そのお手伝いをさせてもらっています。
一方、ロータリーでいう職業奉仕では、自分が関わっている事業そのものが、奉仕の理念のもとに行われるという意識を持ちなさいと教えられています。
非常に難しい考え方ですが、確かに、三輪酒造やその商品が、どのように社会のお役に立っているかを考えると、少し頭をかしげることになりそうです。
やはり、三輪酒造の存在が、地域にとって何かしらの役に立つよう、普段から努力することが最も大切であると気づかされます。
今後も、ロータリークラブの活動をしながら、自らの事業をその方向に持っていけるよう努力したいと思います。

コンビニエンスストア

先週、ユニーHDとファミリーマートの統合が発表されました。
それにより、9月以降、サークルKサンクスはファミリーマートに名称変更されることになったようです。
30年ほど前に、私が営業で酒問屋さんを廻っていた頃、名古屋の山泉商会さんの方数名が、ココストアを立ち上げました。
当時は、まだコンビニエンスストアという業態のお店が始まったばかりで、大垣市内でも、サークルKがようやく一軒オープンした頃でした。
また、酒販免許の関係で、既存の酒屋さんがコンビニに変わることが流行ました。
しかし今では、新たにオープンするコンビニの店に酒販免許が付与されることが当たり前のようになり、免許の価値が全く無くなってしまったように思います。
便利さを追求して生まれたコンビニエンスストアは、現在、街の中になくてはならない業種になりました。
そんなコンビニ業界も、とうとう3強の時代になりそうです。
私も10年程、市内でファミリーマートの経営に関わったことがありますが、実際に経営してみると、経営マニュアルの完成度に驚かされました。
数十坪のお店で日に50万も60万も売り上げることの大変さは、やってみないと分からない部分があります。
そして、それを支える本部の組織の強大さが、今回、ユニーをも飲み込む力に発展したことはよくわかります。
弊社の「白川郷にごり酒」もファミリーマートさんにお世話になっております。よろしくお願いします。

節分

明日2月3日の節分では、日本全国各地で、福を呼ぶための豆まきや、厄払いが行われます。
お正月の初詣に始まり、節分、ひな祭り、お花見と、私達は、日々の仕事に追われながらも、昔からいろんな楽しみをつくって、生活の中にうるおいを求めてきました。
旧暦では、大晦日が節分、元旦が立春であったそうですが、今日では、2月の立春の前日が節分となりました。
確かに、現在のお正月の行事と、節分に行われている行事とを比べても、重なる部分が多くあります。
中国では、今月が春節と呼ばれるお正月にあたり、国中大騒ぎになるようです。
来週には、中国人旅行者が日本に多数押しかけ、爆買いをしていくのでしょう。
もう一つ、最近、縁起が良いこととして話題になっているのが、赤いパンツだそうです。
先日、ロータリークラブの会長が、「今日は目出たい日なので赤いパンツをはいてきました。」と、皆さんの前で披露していました。
なかなか勇気があると感心していましたが、日本人は縁起担ぎでいろんなことをします。
私も、正月のお宮参りなど、良いと思われることは、日々、積極的に実行するようにしています。
いよいよ立春。少しずつ春が近づいています。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR