ゆく年来る年

2016年最後の三輪酒造蔵元ブログです。
この一年、大変お世話になりました。お陰様で無事に年を越せそうです。
一昨年に父、昨年は母と、相次いで両親が亡くなり、この二年、年賀状を出すことが出来ませんでした。
今回、2年振りに年賀状を印刷し、送らせてもらいました。
一年を通じ、いろいろな挨拶がありますが、年の初めの挨拶は、何と言っても心が改まります。
過ぎ行く年に感謝し、そして来る年の無事を祈る気持ちは、どなた様も一緒ではないかと思います。
お互い健康である事に感謝しつつ、皆様にとって来年が良き年になりますことを願い、今年最後のご挨拶とさせていただきます。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

年末

今年も残すところ2週間となりました。
振り返ると、この一年もいろいろなことがありました。
清水寺の今年の字に決まった「金」が表すとおり、何といってもオリンピックイヤーであったことは間違いありません。
岐阜県水泳連盟に縁のある金藤選手が大活躍をしてくれて、関係者としても大変うれしく思います。
個人的には、永年務めたGINETの社長を無事交替出来たことが、最も大きな出来事でした。
5年前に三輪酒造の社長をに代わっていますので、心構えは出来ていたつもりですが、それでも上手く事が進むかどうか多少不安なところがありました。
おかげさまで、GINETの社長交代後、半年程経過し、新社長のもとで社員一同元気にやってくれています。
会長職というのは、いたって気楽なように思えるのですが、どこまで口を出していいのかが難しく、結構気遣いが大変です。
しかし、どんな組織でもトップが変わるということは大切なことです。
それと同じように、年が改まることも、お互いが気持ちを新たにするいいチャンスではないでしょうか。
来年は三輪酒造が180周年、大垣ガスが110周年、GINETが30周年という記念すべき年を迎えます。
それぞれの会社のメンバーともども、次の10年に向けて頑張って行きたいと思っています。

おおがきマラソン

12月11日の日曜日、「第1回おおがきマラソン2016」が開催されました。
市内にある大垣城と墨俣一夜城を往復する21.0975㎞のハーフマラソンです。
昨年までの元旦マラソンをグレードアップし、大垣市陸連が主管して開催されたようです。
主催者側は、未経験者が多く、準備は大変だったと思いますが、5000人以上の申し込みがあり、驚いています。
最近は、走ることを趣味にしている人が多く、各地で開催されているマラソン大会はとても賑わっています。
先日行われた「いび川マラソン」も大変な人気で、申し込みをしても、当選しなければ走ることが出来きません。
「おおがきマラソン」も、来年以降、益々参加者が増えていくと思われます。
中心市街地活性化を目的として、駅前商店街をスタート地点に選んで開催されたのですが、商店街からの参加者が少なく、ちょっと残念に思いました。
また、遠方から泊りがけで出場してくださる方々に、街の人のおもてなしの気持ちを表現する場所を設けるなど、来年に向けて様々な改善も必要でしょう。
それにしても、今年一年、本当にたくさんのイベントが開催されました。
来年は、ユネスコ文化遺産に登録された大垣まつりを含めて、さらに大垣の街をPRしていかなければいけないと強く思う一日でした。

ユネスコ無形文化遺産登録決定

12月2日午前2時頃、エチオピアのアディスアベバで開催されていた国連教育科学文化機関(ユネスコ)政府間委員会において大垣祭りを含む全国33件の山車・鉾・屋台行事が無形文化遺産に登録されました。
大垣市では、1日の午後8時頃から、市長を始め関係者がむすびの地記念館に集まり、決定を待っておりました。
しかし、11時を過ぎても決まらず、一旦解散することとなり、私は、翌朝のニュースで、午前2時頃に決まったこと知りました。
改めて2日午後3時過ぎから集合がかかり、多くの関係者で喜びを分かち合いました。
今回の決定は、大垣祭り関係者だけだはなく、多くの市民にとっても、すばらしい出来事です。
三輪酒造は40年前より白川村とのご縁で「純米にごり酒白川郷」を製造しています。
私が初めて白川村を訪問した頃は、大垣市から白川村まで車で4時間半もかかるほど交通の便が悪く、11月末から4月の中旬までは観光客もない陸の孤島と呼ばれていました。
当時、夏場のお客様は30万人程度でしたが、20年程前に世界文化遺産登録されるとともに観光客が増えていきました。
現在では高速道路が出来て、一年を通じて村に入ることが出来、年間で200万人近い観光客が訪れる村になっています。
村としては、それはそれで様々な問題もあるようですが、ユネスコの文化遺産登録が地域に与える影響がいかに大きいかを物語っています。
大垣市も、市民の皆さんでいろいろ考える機会になることを希望しています。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR