FC2ブログ

金沢市観光協会

先週23~24日に大垣市観光協会の研修旅行で金沢市に行って来ました。
大垣市からの依頼でしたので、まず金沢市役所を訪問し、金沢市経済局営業戦略部長さんや観光政策課長さんの説明を聞かせて頂きました。
金沢は400年前から前田家100万石の城下町として発展し、前田家の文化が大きく残る街として現在も国内外より多くの観光客が訪れています。
特に3年前の北陸新幹線の開業により年間100万人ものお客様が増え、東京から2時間半という立地により欧米からの外国人も訪れるようになったそうです。
翌日は金沢大学の先生から金沢観光の功罪についての講義を聞きました。
大垣市と金沢市では町の規模や観光客の数では比べ物になりませんが、産業都市という面からみると大垣市の方が優れているような気がしますが、歴史文化については金沢市が圧倒的に優位です。
地方都市はどこもこの歴史文化と産業をどう両立させるかについて苦労していますが、永遠の課題ではないかと思います。
私もこれまで大垣市の街づくりの中で微力ながらいろいろ努力してきましたが、今後も次の時代に向けて若い人が一人でも多く大垣の魅力を高める為に努力してくれることを望んでいます。
スポンサーサイト



玉岡大神

20日日曜日に家族で伏見稲荷に行ってきました。
お正月からいくつかの神社をお参りするのが恒例になっていますが、伏見稲荷は一日かかりますので、皆の都合を合わせて出かけています。
今年は少し遅くなってしまいましたが、家内や孫が全員揃ってお参りすることが出来ました。
昔から弊社の敷地内に玉岡稲荷があり毎年3月に初午祭を行っていました。
ある時会社に勤務していた非常に信心深い方が、伏見大社の事務局で玉岡大神について尋ねると、稲荷山の上にある御剱社に玉岡大神の祠があることがわかりました。
そこには小さな石に「玉岡」という字が彫ってあるだけですが、お山一帯にお寺さんのお墓のように何千という祠があります。
大変霊験あらたかな神様で、今日まで様々な形で助けて頂いています。
伏見稲荷には、日本全国から何百年前から大勢の方がお参りに来られて、今では海外の観光客で日本一賑わう場所になりました。
当日も雨模様にもかかわらず、中国や台湾はもちろん、いろんな国の人が来ていました。
日本人は、どういうわけか山そのものをご神体として拝む習慣があります。
伏見のお山も、そんな山岳神仰の一つなのではないかと思います。
これからも、体が元気なうちは毎年伏見稲荷に参拝したいと思います。

ふるさと納税

最近ふるさと納税の運用に関して、全国の自治体が総務省の方針に従っていろいろ混乱している実態が報道されています。
大垣市においても、数年前よりふるさと納税制度を始め、毎年2億円余りの納税があります。
大垣市には、飛騨牛を銘名した吉田ハムという会社があり、その製品を掲載したところ、納税額の7割近くが飛騨牛となり、最近では周りの市町も飛騨牛を扱っています。
もともとふるさと納税は、地域振興の為に始まった制度であり、ふるさとを都市部の方々に応援して頂けるように、政府が考えたようですが、市町村がいろいろ知恵をしぼって様々な産品を考えた結果、本来の趣旨とは離れた事も起こり、最近では、総務省も各自治体に指導をしているようです。
私も大垣で飛騨牛はどうかと思いましたが、確かに大垣で生産されていることは間違いありませんので、それでは「白川郷純米にごり酒」はどうですかと役所に問い合わせたところ、どうぞ出してくださいということでしたので、今では大垣のふるさと納税のサイトに三輪酒造の白川郷関係の商品を掲載させていもらっています。
私は昔から地域の観光や物産の販売に努力してきましたが、これからも元気なうちは一生懸命協力するつもりでいます。
その為に、まちづくり会社でお世話になっている方々の商品を大垣地域以外の方にPRする手段として、ふるさと納税の制度は大いに活用させて頂きたいと思っています。

謹賀新年

新年明けましてお目出とうございます
旧年中は大変お世話になりました
本年も何卒よろしくお願い申し上げます
お陰様で当地は大変穏やかな正月を過ごすことが出来ました。
年末年始の日経平均株価が大幅に上下して、何となく今年一年どうなるのかと心配してしまうような年明けですが、私の今日までの経験からすると、世の中の情勢に惑わされることなく、こつこつと事業を進めることで、必ず勝機が来ると信じています。
ただ、情報社会の進展が早く、なかなか人間がついていけない環境にありますのでそのあたりがちょっと心配しています。
GINETの社員にも、自分たちの廻りをよく見て、今自分がどういう状況におかれていて仕事をしているかをよく考えながら各自の仕事をして欲しいとお願いしています。
お酒造りという仕事は、比較的分かりやすい仕事ですがそれでも業界を取り巻く環境は変化しています。
IT業界はここ数年とんでもない勢いで変化しており、ついていくことが非常に難しくなってきています。
私たちはITの進化をうまく利用して、何をどうしたら良いかについて知恵を出すべきだと思います。
今こそ変革の勇気を持って頑張りましょう。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR