FC2ブログ

小原鉄心顕彰会

大垣の街で20年程前から、幕末に活躍された大垣藩の藩老小原鉄心先生を顕彰する会を続けています。
25日(土)に顕彰会主催の記念講演会を開催し、京都の霊山歴史館で学芸員をされている木村武仁先生をお招きして「鳥羽伏見の戦いの実像」というテーマで1時間半お話して頂きました。
大垣藩は150年前、明治元年1月3日、鳥羽街道の伏見において桑名藩と共に、薩長軍と戦い朝敵になってしまいました。
その後、小原鉄心の活躍により明治政府に許しを請い、会津征我の先方として薩長と共に官軍として戦うことになりました。
この事実は当時の状況の中で仕方のない事であったのですが、150年経過した今日でも会津の人々は大垣に対して深い恨みを持っているようです。
三輪酒造は幕末の頃より、小原鉄心先生に初代徳次郎が大変ご愛顧を頂き、鉄心先生のお陰で今日の三輪酒造があることは間違いない事実です。
しかしながら、なぜ幕府方にいた大垣藩が薩長に寝返らなければならなかったのかについて、ずっと疑問に思っていました。
今回の講演ではそのあたりの状況を詳しくお話し頂き、大垣藩だけではなく、関係していた多くの藩が苦渋の選択をしなければならない状況におかれていた事を木村先生は分かりやすくお話頂きました。
いつの時代も、どちらかを選ばなければならない状況に追い込まれる事は必ずあります。
その時に選択を間違える事で後々取り返しのつかない事になってしまいます。
小原鉄心の努力により、明治維新後大垣藩は、明治新政府の下で今日の産業都市へと発展する礎を築いてもらいました。
私達現在の大垣に住む者として、又三輪酒造を守る者として改めて感謝しなければならないと思います。
スポンサーサイト



消費税

私は数年前より大垣間税会の会長に就任しそれと共に、岐阜県間税会連合会の副会長・東海間税会連合会の役員をさせて頂いています。
その関係で、5月6月にそれぞれの会の役員会並びに総会が開催されますので、それらに出席します。
特に今年は、10月に予定されている消費税の税制改正に向けて、税務当局からいろいろな要請がありご指導を頂きます。
軽減税率の導入jという複雑な改正があるため、これから10月までの間に税務署職員の協力を得ながら、納税者への説明会がいくつか開催されます。
今回の消費税の増税は、社会保証制度の充実の為に、どうしても必要な事として理解されているはずですが、安部政権はこの時点でも景気への影響を考えて先延ばしもありうる状況になってきました。
私達団塊世代が70歳を越えてますます社会保障費の増加が見込まれる中、なかなか難し判断だとは思いますが、ここまで来た段階での延長は様々な影響があるように思います。
政治家の都合で、本来あるべき姿を勝手に変えていくことは、なんとかさけてもらいたいものです。

大垣八幡神社

大垣祭りが無事に終わりました
2日とも好天に恵まれ、大変なにぎわいでした。
私も休憩を取りながら参加させてもらいましたが町内の方々や、軕を引く手古さん達は朝早くから夜遅くまでびっしりの行程で本当にお疲れさまでした。
昨年から八幡神社の総代会に入れて頂いたので、今年初めて、例大祭の神事に参列しました。
どこのお祭りでもこの神事が行われている事は知っていましたが、大垣八幡神社の神事も10人程の神主さんがおごそかに祭事を取り行われていました。
白川八幡神社の例大祭も同様に、神事が行われた後、お神楽の奉納があり、どぶろく(ご神酒)の振る舞いが行われます。
そのどぶろくが有名になって、白川郷どぶろく祭りと言われるようになりました。
大垣祭りも本来、例大祭の神事が中心であるべきだと思いますが、近年は10ヶ町の出軕がお祭りの中心になっています。
特にユネスコの無形文化遺産に指定を受けてからは、観光目的のイベントになりつつあります。
それはそれで大変ありがたい事ですが、本来の目的を忘れないよう、今後も大垣市民皆さんで大垣祭りを盛り上げてもらいたいと思います。

軕かざり

今週末11・12日に大垣祭りが開催されます。
今年は、新天皇が即位され、令和に元号が変わって初めての大垣八幡神社の例大祭となりますので、皆さんと共にお祝いをしたいと思います。
近年、お祭りが観光目的に利用され、ついつい本来の意味を見落としがちになりました。
大垣祭りの軕は、町民が八幡神社の祭礼をお祝いするために始められたと聞いています。
私たちの、船町も300年以上前より玉の井軕を繰り出して、お祭りに参加してきました。
そのために、町内の祭事担当者は、半年以上前よりお囃子や踊りのお稽古を始めるなど、いろいろ準備を進めます。
そして一週間前に軕飾りという行事を行います。
軕飾りとは、名前の通り軕蔵に片付けてある軕を引き出して、幕を付けたり漆を磨いたりして本番に向けての装いを整えます。
本番当日は、総勢50名余りの人達によって市内を練り歩き、他の9町内の方々と共に大垣祭りを盛り上げます。
私も紋付羽織袴の正装で参加する予定です。
皆さん是非大垣祭りにお越しください。

2019大垣まつり

平成から令和へ

4月30日、午後5時から前天皇陛下の退位の儀が行われ、平成の時代が終わりました。
平成は30年で終わることになりましたが、栓背負うを経験された天皇陛下がこの30年間戦争が無かった事に何度もふれられて太平洋戦争で犠牲になられた方々に対する深い慰霊の気持ちをア表されてきました。
私は戦後の生まれですが、70歳を過ぎた今日の平和の中でいつの間にか戦争の事をついつい忘れがちになりつつありました。
今回のご退位に当たり、天皇のお言葉をお聞きする機会が多くありましたが、大変強いお気持ちがあった事を感じることが出来ました。
5月1日午前10時より新天皇陛下の即位の儀が行われ、令和の時代が始まりました。
今回は生前のご譲位という事で国中でお祝いムードが高まり、時代が変わる時を迎える事が出来た事は本当に良かったと思います。
私達のような個人の家や会社を継承する事でも大変ですが、国家の象徴である天皇を継ぐという事は計り知れない事ではないかと思います。
国の平和と世界の平和を祈っておられる事をひしひしと感じるお言葉でした。
私たち国民はこの平和な日本に暮らす事を幸せに思い、これからも地域社会の為に努力する事を誓います。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR