FC2ブログ

ソフトピア夏まつり

今週2日18:00より「ソフトピアジャパン夏まつり2019」がソフトピアジャパンセンタービル3Fソピアホールで開催されます。
ソフトピアジャパンが出来て今年で24年目を迎え、今でこそ2,000人を越える人々が働いていますが、最初は数百人しかいませんでした。
そのほとんどが大垣以外から通ってる人で、お互い会うこともなく毎日が過ぎていくという状況でした。
現在でも昼間のソフトピアジャパンには、歩く人はほとんどなく、皆さん事務所の中でパソコンに向かって仕事をしていますので、本当に2,000人もの人が働いているのかと思うような環境です。
しかし、現在100社以上の企業に2,500人の人が就労する一大IT団地に成長しました。
この23年間、毎年この時期に主な企業から若手社員を2名ずつ出してもらって、実行委員会を組織して夏まつりを実施しています。
是非、8月2日金曜日の夕方、ソフトピアジャパンセンタービル3Fへお越しください。
きっと楽しいことに出会うことが出来ると思います。

 

2019夏祭り

スポンサーサイト



京都アニメーション

先週、京都アニメーションで悲惨な事故がありました。犠牲になられた方々は本当にお気の毒な事で、ご冥福をお祈りします。
大垣の景観を使った「聲の形」の制作担当者の中に大垣出身の方がおられて、大垣市内のあちらこちらが映画の舞台として出てきます。
聖地巡礼という効果もあり、多くの方が市内を訪れて写真を撮っている場面に合います。
今回の火災では、この方も亡くなったようで非常に残念です。
奥の細道記念館には、募金箱が置かれ、多くの方が訪れて祈りをささげている姿が見られました。
今回の火災では34名もの方が亡くなり、34名の方が負傷されました。
私は永年消防活動に関わってきましたが、これほど多くの方が焼死されるという火災は聞いたことがありません。
火災にはいろいろありますが、発生してから建物全体に燃え広がるまでには5分から10分という一程の時間があり、火点の近くの人はともかく、2階3階にいる人は逃げる時間があります。

しかし今回は、階段の下で撒かれたガソリンに点火されあっという間に3階に火が廻り、その煙を吸い込んだ人達が一酸化炭素中毒で亡くなったようです。
どちらにしても、今回のようなことが二度と起これないことを祈ります。

大垣税務署

今週、国税局の人事異動で、大垣税務署長が交代されました。

大垣間税会の役員で大垣税務署を訪問し、税務署長他異動で新たに来られた方々と面談をしました。
一般の方々にとって税務署は、余り付き合いたくない存在ではないかと思いますが、最近の税務署は昔と比べると非常に柔らかくなって、署長さんも威張った感じはまったくありません。
しかし、国税局の職員さん達の仕事は、あくまでも国民が納税する税金を管理する事であり、職員の8割以上は、調査の仕事をしておられます。
特にマルサと言われる人たちは、法人・個人を問わず、税金をごまかそうとする人達を取り締まることが仕事ですので、非常に厳しい対応が必要となるようです。
間接税である酒税は、私達業者が消費者から税金を預かって、後日納税する仕組みです。
三輪酒造の社員にも、税金を預かっている事を意識するように教育はしていますが、普段の仕事の中でいつも意識する事はなかなか難しいものがあります。
どちらにしても、国民の義務として、誰もが税金を正しく納めなければなりません。
大垣間税会の会長として、よろしくお願いします。

TMO

20年程前、地方創生の為に中心市街地活性法(TMO)という法律が出来ました。
大店法の緩和により、全国に大型ショッピングセンターが乱立し、地方の商店街が一気に衰退しました。
大垣市においても、イオン・ユニー・平和堂と3つのショッピングモールが出来て、あっという間に、地域の中小スーパーや個人商店が廃業に追い込まれてしまいました。
経産省が、この状況をなんとかしようという事でこの法律が出来たのですが、大垣商工会議所は、前年に「決戦関ヶ原大垣博」というイベントを開催した直後でしたので、大垣城が町の真ん中にあり、お城を中心に観光も含めた地域興しを計画し、船町湊まちづくり(株)を設立しました。
その後、いろんな事がありましたが、20年が経過してようやく形が見えてきました。
最近は、国交省がDMO(観光地域マーケティングマネージメント)という手法を推進し、大垣市観光協会を中心に少しずつ事業を実施しています。
地方は、国の進める政策にあやかって何とか地域の活性化を図るよう努力をしていますが、なかなか簡単なことではありません。
しかし、これまでやってきた努力は、ようやく実りつつあり、是非とも次の世代にバトンタッチ出来るよう頑張りたいと思います。

G20 トランプ大統領

先週の金曜日から大阪でG20が開催され、世界のトップが集まっていろいろ議論が展開されたようです。
そして終了後、アメリカのトランプ大統領が北朝鮮の金書記長と突然会談をして世間を驚かせました。
たまたま先週から、城山三郎が書いた渋沢栄一の小説を読んで、明治維新で活躍した政治家達の動きにトランプさんの行動が似ているような気がしました。
現在は戦争もなく、今回のトランプさんのような行動をとる政治家はほどんどいませんが、明治維新の頃は、明日がどうなるかわからない状況でトップが突然相手方に乗り込んで直談判するような場面が随所に出てきます。
渋沢栄一は、農民の出でありながら、徳川慶喜に見出されて徳川家に仕え、その後新政府の中心メンバーになるも、実業で世の中を変えるという強い思いと共に、日本商工会議所や第一銀行を創設して近代日本の創設に深く関わりました。
国と国との戦いは、遠い昔から続いてきましたが、トップの意見の食い違いで飛んでもない事になったことは、誰もがわかっています。
今日起きている情報戦争も、昔なら世界大戦に発展するような状況なのかもしれません。
平和な日本に永年暮らしている私達は、戦争のない平和な時代が少しでも続いてくれる事を祈るばかりです。
リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR