fc2ブログ

小原鉄心顕彰会

今年は、小原鉄心翁が亡くなって150年目に当たります。
先週の土曜日、小原鉄心顕彰会として、全昌寺にて150回忌を行いました。
小原鉄心は、幕末に大垣藩の城代として活躍しました。
藩制改革はもちろん、文人としても幅広い人脈をもち、多くの漢詩を残しています。
三輪酒造との縁は深く、澤田屋へ訪れては酒を召し上がって気持ちがよくなると書をしたためました。
ある時、酒の名前の話になり、その頃の銘柄であった「大星」と「男山」が無風流であるということで、「萬家春」という名前を付けてもらいました。
鉄心さんは、明治維新の際、朝廷の参事に命じられました。
しかしながら、その当時、息子の兵部は会津藩と桑名藩と一緒に慶喜の護衛をしており、鳥羽街道を北上している時に薩長と戦になってしましました。
これが鳥羽伏見の戦いです。
鉄心さんは息子に使いを送り、戦を止めさせようにしようとしましたが、残念ながら間に合わず、朝敵となってしまいました。
その時、使者として菱田海鷗が行ったことは有名ですが、3番目の使者として送り込まれたのが、相撲取りと我が家の二代目吉兵だったそうです。
吉兵は鉄心さんにずっと仕えており、明治5年5月21日に亡くなるまで、側に要人として鉄心さんと共にいました。
おそらく初代徳次郎は、息子である吉兵を鉄心さんに差し出すことで恩に報いたのでしょう。
私達もそのご恩を忘れることなく、これからも顕彰させてもらいたいと思います。

スポンサーサイト



第四波感染拡大

コロナの感染拡大がなかなか止まりません。
岐阜県は5月7日にまん延防止等重点措置区域の指定を受けました。
終日酒類の提供自粛が呼びかけられ、飲食店はもちろん、そこへ納入する酒屋さんたちも悲鳴をあげています。
私の周りでも、各種団体の懇親会がすべて中止となりました。
家飲みを期待したいところですが、これだけ自粛ムードが続くと、だんだん飲む元気も無くなります。
大垣市では、先日、ワクチンの接種が始まりました。
私の所へも集団接種の申込はがきが届きましたが、接種できるのは7月中旬になりますという回答がありました。
一日も早く全国民にワクチンが行き渡り、感染が治まることを願っています。

コロナ対応

連休もおわりましたが、世の中はコロナのお陰で誰もが行動を制限され、大変ストレスのたまる状況におかれています。
私の所にも先週ワクチンの申込書が届きましたので、早速申込しました。
11日までの宣言については、今の状況ではとても解除される様子もなく引き続きアルコールの提供については自粛が求められそうです。
観光地については、それぞれのようですが、大垣のむすびの地記念館への来場者は大変少なくなっています。
4月29日~5月11日まで、たらい舟の運行が予定されていましたが中止となりました。
また5月8日9日には、大垣まつりの予定でしたが、すべて中止となり残念な事です。
これらの事について、どこへも不満をぶつけることが出来ず、仕方のない事と諦めてはいますが、いつまでも続くコロナの感染については、やはりワクチンが普及して治療薬が出来るまでは、なんともならないのかと諦めています。
最近は、飲みに出かけられない事は慣れましたが、人と話をする機会が減ったことにはまいっています。
もともとメール等が嫌いなタイプで、直接会って話をしないと気が済まない人ですので、この一年人と会う機会が無くなっていることは、非常に寂しい限りです。
なんとか早く皆さんにお会いして、いろんなお話が出来ることを願っています。
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 会長 三輪高史

Author:三輪酒造 会長 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」「決戦関ヶ原」「鉄心」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR