白川郷どぶろく祭り

今月14日(金)より恒例の白川村八幡神社のどぶろく祭り が始まりました。
40年前、白川村より「どぶろく祭りを訪れたお客様が、お土産用として持って帰ることができるお酒が造れないか」という依頼をいただいたことから始まったのが、弊社の「純米にごり酒白川郷」です。
おかげさまで、今では日本国内はもとより、世界30ヵ国余りに輸出され、世の中になくてはならないにごり酒としての地位を確立する事ができました。
しかし、その原点はあくまで白川村のどぶろく祭りであり、私達はそのことを忘れてはなりません。
現在の白川村成原村長からも、「是非、白川村に三輪酒造の酒蔵を作ってほしい」という要望をいただいておりますが、今だ実現には到っておりません。
どぶろく祭りのお酒は、日本中のお宮さんで行われていたご神酒造りが今日まで受け継がれてきたものだと言われています。
室町時代以降、全国各地で酒造りを業とする人達が現れ、それらが今日まで各地域の人々にお酒を造って売る酒造蔵として発展してきました。
いつの時代からか清酒が主流となりましたが、その昔はすべてにごり酒であったと思われます。
日本酒の原点であるどぶろく(にごり酒)造りを、「白川郷」というブランドを使い、末永く事業として続けさせていただくためにも、白川村との関係を大切に守っていかなければなりません。
今後も、白川村のお役に立てるよう、どぶろく祭りも含めて、白川郷を一生懸命PRしてまいります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR