ユネスコ無形文化遺産登録決定

12月2日午前2時頃、エチオピアのアディスアベバで開催されていた国連教育科学文化機関(ユネスコ)政府間委員会において大垣祭りを含む全国33件の山車・鉾・屋台行事が無形文化遺産に登録されました。
大垣市では、1日の午後8時頃から、市長を始め関係者がむすびの地記念館に集まり、決定を待っておりました。
しかし、11時を過ぎても決まらず、一旦解散することとなり、私は、翌朝のニュースで、午前2時頃に決まったこと知りました。
改めて2日午後3時過ぎから集合がかかり、多くの関係者で喜びを分かち合いました。
今回の決定は、大垣祭り関係者だけだはなく、多くの市民にとっても、すばらしい出来事です。
三輪酒造は40年前より白川村とのご縁で「純米にごり酒白川郷」を製造しています。
私が初めて白川村を訪問した頃は、大垣市から白川村まで車で4時間半もかかるほど交通の便が悪く、11月末から4月の中旬までは観光客もない陸の孤島と呼ばれていました。
当時、夏場のお客様は30万人程度でしたが、20年程前に世界文化遺産登録されるとともに観光客が増えていきました。
現在では高速道路が出来て、一年を通じて村に入ることが出来、年間で200万人近い観光客が訪れる村になっています。
村としては、それはそれで様々な問題もあるようですが、ユネスコの文化遺産登録が地域に与える影響がいかに大きいかを物語っています。
大垣市も、市民の皆さんでいろいろ考える機会になることを希望しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR