桝まつり

3月20日、恒例となった「枡まつり」が、奥の細道むすびの地記念館で開催されました。
大垣市は昔から木枡の生産地として知られており、現在、全国の80%近いシェアを有しております。
なぜ大垣で木枡の生産量が増えたかについて詳しい事はわかりませんが、多分、木曽三川の上流地域で伐採された木材が、それぞれの川を下って大垣に集積し、それを加工する業者ができたのではないかと思われます。
そして、その製品は、揖斐川を使って尾張へ運ばれ、そこから海運により、江戸や大坂へ運ぶというルートが発達していたことがあるのではないかと考えられます。
しかし、計量器としての枡の需要はだんだん少なくなり、10社以上あった枡の生産業者も、近年では5社となってしまいました。
そんな状況に危機感を持った現・大橋量器の大橋博行社長が、20年程前より、様々な木枡を使ったアイデア商品を開発し、今ではアメリカでの販売を手掛ける程になっています。
昨年の12月の市議会では、小川市長の提案による木枡を使って地酒で乾杯条例も制定されました。
大橋社長とは、以前より街づくりについても話し合っており、お互いの店を使った観光客の往来に向けても努力してもらっています。
今回の枡まつりでも、500円の3尺枡を購入したお客様に、地酒蔵3社のお酒を飲み比べしていただくコーナーも設けました。
おかげさまで、お昼の時間帯でしたが、多くのお客様が参加し、地酒を飲んでくださいました。
今年の正月には、大橋社長と、「ここまで来たので、もう少し頑張りましょう」と誓い合いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR