たらい舟

ご当地水門川では、4月上旬の桜の季節に合わせて「水の都舟下り」を実施しました。
そして連休にあたる現在、「水の都たらい舟」イベントが開催されています。
たらい舟の由来は、関ヶ原合戦の時代まで遡ります。
合戦に敗れた西軍に組した大垣城主のお姫様が、東軍が大垣城に攻め込んだ時に、城のお堀である水門川をたらいに乗って逃げたという「おわん物語」という逸話があります。
その話を元に、十数年前より始めたのが「水の都たらい舟」というイベントです。
大垣市内を流れる水門川は一級河川となっており、西濃水産漁業協同組合が国土交通省の元で管理しています。
漁協の船頭さん達の協力で、現在では18艘のたらい(1艘3人乗り)が1時間ごとに運行し、ゆったりと水門川を流れて行きます。
水門川を下るたらい船の上で、船頭さんの案内を聞きながら見る大垣の街はなかなかのものです。
おかげさまで、今では大変な人気となり、連日満員となっているようです。
来週には大垣祭りを迎える大垣の街も頑張っています。
機会があれば、是非ゆっくりと大垣にお越しください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR