お中元

今年もお中元のシーズンとなりました。
弊社においてもいろいろ取り揃えていますが、その中でも特に変わり種は、白川郷シリーズの冷凍貯蔵生酒です。
基本的に清酒は、タンクに貯蔵する時と瓶詰めの時の2回、それぞれ70℃近い温度で熱処理をします。
しかし弊社では、数年前より、出来立ての白川郷純米にごり酒を、火入れをせずに生のまま、マイナス20℃の冷凍庫で冷凍貯蔵して、2ヶ月以上経ってから、順次商品として出荷しています。
出来たてのおいしさを味わっていただこうという思いから開発された商品ですが、最近、ようやくいろいろな場面で取り上げていただけるようになりました。
業界では、各蔵元が様々な商品を研究開発して売り出しています。
新潟の八海山は甘酒を、伏見の富翁では「美肌」という名の化粧用としても使える清酒を、また、灘の日本盛は「米ぬか美人」という化粧品を販売し、いずれもヒットしています。
もちろんそれぞれの蔵元では本来の清酒も一生懸命営業しておられますが、これまでの概念に捉われることなく、多岐にわたり企業努力することは、経営者として当然のことと思います。
今年創業358年目を迎える西宮の日本盛では、社長の交代があり、新社長が伝統と革新の中で醗酵技術の無限の可能性について言及しておられます。
私共三輪酒造は、日本盛さんと比べればまだまだ半分の180年ですが、これからも酒文化の創造を通じて、地域社会の人々の幸せと喜びに貢献することを目的とするという基本理念のもと、事業の継続のために努力してまいります。
何卒、今後とも末永くご支援くださいますようお願い申しげます。
 
 ☐ 凍結貯蔵 純米吟醸 生原酒
 ☐ 純米にごり酒白川郷 出来たて生
 ☐ 白川郷冷凍生酒のみくらべセット
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR