FC2ブログ

小原鉄心顕彰会

20年余り前から、幕末の大垣藩城代であった小原鉄心を顕彰する会を続けています。
三輪酒造の初代・澤田屋徳次郎は小原鉄心に気に入られ、当家へ度々訪問していた鉄心に「萬家春」という酒銘をつけて頂きました。
明治維新70周年の時に、五代目・広吉が鉄心の名前を冠した「清酒 鉄心」を発売し、今日に至っています。
そして、昨年、明治維新150年、澤田屋創業180年を記念して「大吟醸 デューク鉄心」を発売しました。
小原鉄心顕彰会では、各月に勉強会を開いて鉄心の偉業を顕彰してきました。
特に今年は、NHK大河ドラマで「西郷どん」が放映され、何かと関係深い場面が登場します。
明治維新において、大垣藩は非常に難しい立場におかれていました。
戸田家はもともと徳川幕府における重要な地位にあり、また、幕末においても、桑名藩、会津藩共々、将軍を守る立場にあり、京都において桑名藩と一緒に将軍徳川慶喜を護衛していました。
そこに突然、錦の御旗が立ち、鳥羽伏見の戦いにおいて賊軍になってしまいました。
その窮地を救ったのが小原鉄心です。
鉄心は、時代の流れを読み取り、藩の重臣の意見を取りまとめて、大垣藩の行く末を誤らせないように努めました。
今日の大垣の繁栄は、この時の小原鉄心の努力が大きく影響しています。
いつの時代も時の流れを見極める判断力を求められますが、なかなか難しいことです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR