真田丸

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」は、信州上田の真田昌幸・幸村親子を主人公とした物語です。
信州上田という地域は、戦国時代、大きな大名の間にあり、大変苦労したようです。
先週の放送では、上杉・北条・徳川の間に入り、調略によって生き延びようとする真田家の人々の葛藤を描いていました。
昌幸や信玄が亡くなった後、幸村が、信長・秀吉・家康の、それぞれの時代をいかに渡り歩いたかについては、これまでに多くの小説などに書かれてきました。
今回の大河ドラマでは、どんな表現で真田の生き方を見せてくれるか、今後の展開を楽しみにしています。
現代の政治や経済界においても、戦国時代同様、強者に従って生きている様子は、昔と変わりがないのかもしれません。
ただ、今や対象が国内だけにとどまらず、地球規模で物事を考えなければならない場合もあり、非常に複雑な世の中になりました。
しかし、人間の本質はあまり変わっていないようで、戦国時代を描くドラマの中の話でも、今の時代に充分当てはまることが多いような気がします。
いつの時代も、誠実で賢い人こそ誰からも信頼され、そして生き延びるのではないでしょうか。
誠実であることも、賢いことも、どちらもなかなか難しいことではありますが・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

リンク
白川郷にごり酒醸造元 三輪酒造

三輪酒造 三輪高史

Author:三輪酒造 三輪高史
「白川郷にごり酒」「道三 吟雪花」醸造元・三輪酒造の七代目であり、現会長の三輪高史です。
蔵元の想い、酒造りへの想い、地酒に関係する様々な方々の想いを、時代の移り変わりとともに、皆様に届けていきたいと考えております。
日本の文化、日本の心である「日本酒」を、より多くの皆様にご愛飲いただくことを願っております。

最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
三輪酒造 蔵元ブログへようこそ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR